スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<ひき逃げ容疑>76歳女性死亡、52歳男逮捕 千葉県警(毎日新聞)

 千葉県警千葉南署は8日、千葉市緑区あすみが丘5、ハウスクリーニング業、堺入(さかいり)武勝容疑者(52)を自動車運転過失致死と道交法違反(ひき逃げ)容疑で緊急逮捕した。

 逮捕容疑は7日午後8時45分ごろ、緑区下大和田町の県道で乗用車を運転中、近くの農業、石井てるさん(76)をはね、そのまま逃げたとしている。石井さんは道路脇の水田に転落し窒息死した。

 同署によると、現場に乗用車のバンパーとナンバープレートが落ちていたことから所有者を特定した。堺入容疑者は「ガードレールにぶつかったのはわかったが、人をはねた記憶はない」と話しているという。石井さんは家族に「田んぼの水加減を見に行く」と言って家を出たという。【斎藤有香】

【関連ニュース】
<関連記事>忘れない:「未解決」を歩く 埼玉・熊谷の小4男児ひき逃げ
<関連記事>ひき逃げ事件:別の車窃盗容疑で4人を追送検 名古屋
<関連記事>ひき逃げ:路上に男性遺体 車に引きずられた跡 大阪
<関連記事>半田男性変死:酪農業の男をひき逃げ容疑で逮捕
<関連記事>道交法違反:飲酒しひき逃げ、容疑の53歳逮捕--四日市

組閣は8日の見通し(産経新聞)
内定の全閣僚(読売新聞)
巡査長を書類送検=自転車と衝突事故、申告せず―大阪府警(時事通信)
明石の歩道橋事故、明石署元地域官ら実刑確定へ(読売新聞)
4日に民主代表選 菅副総理が出馬表明(産経新聞)
スポンサーサイト

「結婚控えていたので流産を」=不同意堕胎事件で医師―警視庁(時事通信)

 交際女性に対する不同意堕胎事件で、東京慈恵会医科大学付属病院の医師小林達之助容疑者(36)が「結婚を控えていたので、流産させようと思った」と供述していることが28日、捜査関係者への取材で分かった。
 同容疑者は「出産すると、女性も子供も不幸になる」とも話しているといい、警視庁捜査1課は結婚直前に妊娠を知り、すぐに堕胎を決意したとみている。
 捜査関係者によると、同容疑者は女性から妊娠を告げられた翌日の2008年12月31日と、09年1月1日、実在する患者名を使い、同病院で子宮収縮剤を入手。粉末にして服用させた。
 女性は1月中旬に容体悪化で救急病院に搬送されたが、胎児の無事が確認されて帰宅。同容疑者は同日中に陣痛誘発剤を点滴投与し、流産させたとされる。 

【関連ニュース】
医師、投与認める供述=不同意堕胎事件
実家医院から点滴剤調達か=「待ってて」と3時間
医師「流産させ申し訳ない」=慈恵医大病院を捜索
不審がられ「患者欲しがる」=薬調達、大みそか・元旦も
別の患者名で錠剤入手=妊娠告知の翌日、結婚直前=不同意堕胎事件・警視庁

社民、連立是非で再協議=福島氏「県内移設、明確に反対」―普天間(時事通信)
普天間対応、連立の是非協議=社民が緊急両院懇(時事通信)
携帯電話1号機も展示「MOBILE TIDE 2010」(Business Media 誠)
日本創新党が結党大会、山田党首が参院選東京選挙区から出馬表明(産経新聞)
背もたれに両ひじ…余裕の態度をみせるベスーン被告 SS元船長第2回公判ライブ(産経新聞)

放鳥トキ、ひな誕生難しく=カラスが卵奪う―環境省(時事通信)

 国の特別天然記念物トキの野生復帰を目指し、新潟県佐渡島で、2008年から放鳥された30羽(1羽死亡、1羽保護)のうち、1組のペアの卵が20日、カラスに奪われた。このペアは新潟大などの観察で、ひな誕生の可能性が指摘されていた。環境省は「卵のふ化は難しい状況になった」としている。 

【関連ニュース】
トキ、ひな誕生の可能性=餌与えるしぐさ
放鳥トキの営巣確認=5組目、抱卵は確認できず
放鳥トキの卵、カラスが奪う=ペアの巣に飛来
放鳥トキ、卵捨てる=カラスがつつき割る?
放鳥トキの産卵確認=一度やめたペア

酒気帯びで大阪府警職員逮捕=免許課勤務、接触事故起こす(時事通信)
<口蹄疫>10キロ圏の全家畜処分 政府決定(毎日新聞)
トヨタ、レクサス4509台リコール届け出(読売新聞)
機会失った? 村井仁知事、憶測呼ぶ退任理由(産経新聞)
<小掛照二さん>東京で葬儀 陸上関係者ら約400人参列(毎日新聞)

もんじゅ運転員を再教育 操作ミスで制御棒トラブル(産経新聞)

 日本原子力研究開発機構は13日、高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の制御棒操作について運転員の再教育を始めた。6日に運転を再開したばかりだが、10日に運転員の操作ミスで制御棒の挿入が中断するトラブルがあったため。原子力機構はプラントの運転資格を持つ約60人全員の再教育を20日までに終える方針だ。

 トラブルは制御棒が完全に挿入される直前に挿入速度が遅くなることを当日の運転員が知らず、全挿入に必要な挿入ボタンの長押しをしなかったため、制御棒が残り3ミリの位置で停止した。経済産業省原子力安全・保安院が対応を求めていた。再教育の内容は注意事項や操作方法の確認、シミュレーターを使った訓練など。

【関連記事】
もんじゅ 運転員が操作法知らず
もんじゅでまた警報作動
【News解説】高速増殖炉もんじゅ、14年ぶり再開
もんじゅ再生 増殖炉を上手に育てたい
再開のときを待つ高速増殖炉 高まる緊張感
少子化を止めろ!

クジラの街・太地町住民の毛髪から高濃度水銀(読売新聞)
<アイヌ>「知里幸恵記念館」着工 伝統儀式で安全祈願(毎日新聞)
【写眼】安田菜津紀「明日を忘れないために」(産経新聞)
<陸山会事件>石川議員「形式犯」主張 毎日新聞単独取材に(毎日新聞)
普天間移設最終案、5月決着を事実上断念(読売新聞)

首相「党が判断も」、枝野氏「検審判断重い」(読売新聞)

 鳩山首相は27日夕、首相官邸で記者団に、「検察審査会の判断に関してコメントすることは差し控えなければいけない。コメントすると、検察の判断に影響を与えかねない」と審査会の議決への評価を避けた。

 一方で、「党の立場からは何らかの判断がなされる可能性はある」と述べた。

 これに対し、政府・与党からは、小沢氏の責任を問う声や自発的な辞任を求める意見が出た。

 小沢氏に距離を置く枝野行政刷新相は記者会見で、「検察審査会の判断は大変重い」と指摘した。小沢氏の党運営に批判的な生方幸夫副幹事長は「起訴相当という国民の意見を受けて幹事長職を辞めるのが(信頼回復の)第一歩だ。起訴されるかどうか分からないという言い訳をすれば、政治全体に対する不信につながる」と語り、早期に辞任すべきだと主張した。

 政府・与党の大勢は、当面は検察の判断を見守る姿勢を示している。ただ、参院選直前に判断が出る可能性もあるだけに、「そこで小沢氏が起訴されるような事態になれば、選挙は戦えない」という危機感も強い。首相が「党の判断」に言及したことについても、与党では「小沢氏の自発的辞任の余地を残すための発言ではないか」という見方も出ている。今後、検察の対応や世論の動向によっては、与党内で辞任論が広がるものとみられる。

「自民党のエースが夜逃げ」 民主・山岡国対委員長、舛添氏離党に(産経新聞)
【十字路】極わせハウスミカン初出荷(産経新聞)
猿橋賞に高橋奈良先端大教授=体形成の仕組みで先駆的研究(時事通信)
大阪地裁も和解促す=札幌、福岡に続き-B型肝炎訴訟(時事通信)
<やずや>採用試験の自己PR動画 閲覧状態2週間(毎日新聞)
プロフィール

ミスターけんいちみやうち

Author:ミスターけんいちみやうち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。